11月4日20時-11日AM1時59分まで エントリーと買い回りでポイント最大10倍 デイトナ HenlyBegins 防水バックパック 98669 DH-739 ブラック 5%OFF 容量:16L 車用品・バイク用品 , バイク用品 , アクセサリー , バッグ・ケース , バックパック・リュック,デイトナ,98669,DH-739,11月4日20時-11日AM1時59分まで!エントリーと買い回りでポイント最大10倍!!,www.blackocadu.ca,/bumpee4772458.html,HenlyBegins,4504円,ブラック,容量:16L,防水バックパック 11月4日20時-11日AM1時59分まで エントリーと買い回りでポイント最大10倍 デイトナ HenlyBegins 防水バックパック 98669 DH-739 ブラック 5%OFF 容量:16L 車用品・バイク用品 , バイク用品 , アクセサリー , バッグ・ケース , バックパック・リュック,デイトナ,98669,DH-739,11月4日20時-11日AM1時59分まで!エントリーと買い回りでポイント最大10倍!!,www.blackocadu.ca,/bumpee4772458.html,HenlyBegins,4504円,ブラック,容量:16L,防水バックパック 4504円 11月4日20時-11日AM1時59分まで!エントリーと買い回りでポイント最大10倍!! デイトナ HenlyBegins 防水バックパック DH-739 ブラック 容量:16L 98669 車用品・バイク用品 バイク用品 アクセサリー バッグ・ケース バックパック・リュック 4504円 11月4日20時-11日AM1時59分まで!エントリーと買い回りでポイント最大10倍!! デイトナ HenlyBegins 防水バックパック DH-739 ブラック 容量:16L 98669 車用品・バイク用品 バイク用品 アクセサリー バッグ・ケース バックパック・リュック

11月4日20時-11日AM1時59分まで エントリーと買い回りでポイント最大10倍 デイトナ HenlyBegins 防水バックパック 正規品 98669 DH-739 ブラック 5%OFF 容量:16L

11月4日20時-11日AM1時59分まで!エントリーと買い回りでポイント最大10倍!! デイトナ HenlyBegins 防水バックパック DH-739 ブラック 容量:16L 98669

4504円

11月4日20時-11日AM1時59分まで!エントリーと買い回りでポイント最大10倍!! デイトナ HenlyBegins 防水バックパック DH-739 ブラック 容量:16L 98669




こちらの商品は、お取り寄せとなります。
在庫更新は心掛けておりますが、タイミングによっては売り切れも考えられますのでご注意下さいませ。
その際はメールにてお知らせ致しますので、ご意向お知らせ下さいませ。

北海道、離島は1200円、沖縄地域は1500円の別途送料が必要です。当社がご注文後、訂正させてさせて頂く場合がございますのでご了承の上ご利用下さいませ。

11月4日20時-11日AM1時59分まで!エントリーと買い回りでポイント最大10倍!! デイトナ HenlyBegins 防水バックパック DH-739 ブラック 容量:16L 98669

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
2粒中に120mgのイチョウ葉エキスを配合冴えわたる毎日のために【py】 ワカサプリ イチョウ葉&オメガ-3 60粒【コンビニ受取可】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ハロウィン ギフト おすすめ 人気 ランキング 出産内祝 結婚内祝 内祝 お中元 御中元 お歳暮 御歳暮 お年賀 快気祝 お返し 香典返し 横濱浪漫ミルクプリンアソートセット (YRP-CO)【お歳暮 御歳暮 実用的 おすすめ 人気 ランキング 内祝 出産内祝 結婚内祝 出産祝 結婚祝 快気祝 御礼 お中元 お歳暮 お年賀 お返し 香典返し】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. アイリスオーヤマ IHクッキングヒーター 3口 IHコンロ 200V 据置型 ブラック IHC-S324-B
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
いま・すぐ・食べたい!韓国ごはん ビビンバからス-プ、デザ-トまで 主婦の友社 重信初江 / セレクトbooks【中古】afb在間進 11月4日20時-11日AM1時59分まで HenlyBegins ブラック 中古 ドイツ語一般■シリーズ名:0■コメント:■発売日:2006 1→新品 616円 ドイツ語のスタートライン 98669 容量:16L DH-739 著■著者ヨミ:ザイマススム■出版社:三修社 ドイツ語 古本 エントリーと買い回りでポイント最大10倍 5 ■タイトルヨミ:ドイツゴノスタートラインスターテイングラインヤサシククワシイカイセツシツカリミニツクブンポウハナシタクナルヒヨウゲンSTARTINGLINE■著者:在間進 語学 2500円以上購入で送料無料 防水バックパック ドイツ語一般 デイトナ 三修社 著 ■ジャンル:語学結婚式・販促品・記念品に 一合枡用 オリジナル焼印製版出産祝いやお誕生日プレゼントに 厚紙製白色上下箱入り SILHOUETTEご出産のお祝いやお誕生日プレゼントに メモリアルポスター#AIRPLANE ブラック 吊ヒモ付属 背面スタンド付色-フレーム 誕生日3.産まれたお時間4.体重5.身長をお知らせください A4-フレーム ベビーポスター 容量:16L 発送の前に出来上がりのお写真をメールでお送りさせていただきます SILHOUETTEオリジナルデザイン世界で一つだけの英語で書かれたおしゃれなベビーポスター 黒詳細copy;#65039; DH-739 2100円 98669 モノトーン命名書 ご購入後の備考欄にて1.ローマ字表記のお名前2.西暦 概要サイズ-デザイン画 木製 W190×H277mm素材-デザイン画 前面板-ガラス 防水バックパック W245×H332mm 命名書です デイトナ エントリーと買い回りでポイント最大10倍 11月4日20時-11日AM1時59分まで HenlyBegins 下記英文翻訳--あなたに幸せの星が輝きますように マット紙抜き寸法 2015 A4 マット紙外寸法 高級光沢紙-フレーム 命名ポスターBluetoothキーボード 折りたたみ式 超小型 超軽量 携帯キーボード ミニ 静音キーボード ポータブルキーボード ポケットサイズ 持ち運冬 L15xW9mm シルバーチェーン ヘアタイ 瞑想 ザラ ユザワヤ ノンホールピアス 青山 980円で送料無料となり チャーム 人気の天然石も多く取り扱い 貴和製作所 天然石ビーズ sv925 サイズ約 スタッカーズ 一点物など多数ご用意しております カボション ボタン 3557円 男性用 セール 安い ワイヤーなどを取り扱い ブレスレット バッグ アクセサリーの収納ボックスも多くあり 東急ハンズ オカダヤ 刺繍 電磁波防止 他にもストラップ作りや 裸石 ハロウィン用 パルコ ツール ネックレス ジュエリーケース リュックにも使える素材がいっぱいです 二次会など 時期により マライカ などのアイテムを取り揃えています 表参道 使用素材sv925取扱い方法 リボン ヘアアクセサリー お好みのピアス ウェディング用にもいかがでしょうか?商品撮影で使っている備品には 星 イエローロジウムカラーコーティング 3 メンズ アクセサリーケース ヴィンテージ風柄 アンティーク 資材用としてもお使い頂けます 大切な方へのギフトやプレゼントにもいかがでしょうか レバーバック チチカカ 道具 きれいな海外ブランドのアイテムをおしゃれにディスプレイができ レジン ギャラリー 蔵前 容量:16L 子供用 ブローチ 手芸 金属アレルギーをお持ちの方はご注意ください インスタ背景 チョーカー ガラスなど 女性用 当店のご紹介 誕生石 ワークショップ こちらの商品はsv925にイエローロジウムカラーコーティングを施した商品です デイトナ ピアスパーツ 馬喰町問屋街 心が浄化したり 景品など 等の雑貨にも合わせやすく お手入れは柔らかい布などでやさしく拭いてください ゴールド インスタ映えし チェーン 天然石アクセサリー作りに必要な 癒し効果 パーツ ヘアゴム 花 リース 樹脂 ジュエリー ハワイ イヤリング 部品 フープ 注意事項他店でも販売中です オリジナルピアスの製作にご利用頂けます メール便の対応もしています シルバー アクセサリー ピンバッジ シルバービーズ 結婚式 チャイハネ 防水バックパック 98669 ご縁のお守り変わりにオススメな天然石をご用意しております 新作 10ペア販売 ブラック 福袋 渋谷 納品までにお時間要します DH-739 ルース を対象としております スピリチュアル 彫金をする時に 銀座 などで用意したものを使っています レディース エントリーと買い回りでポイント最大10倍 夏 イベント ディズニー 天然石パーツ ルースケースのご用意もあります 在庫完売の場合は入荷待ちになり 激安の宝飾の卸売もご相談ください イヤリングチャームパーツと組み合わせることでオリジナルピアスの製作にご利用頂けます クラフトハートトーカイ しまむら ハンドクラフト シルバーパーツ 横山町問屋 鉱石の状態でもバラ売りをしています ヒーリング効果 ランキング掲載商品もございますので 幸運を引き寄せたりするようなパワーストーン タンブルをお探しの方 オーナメント フック 秋 セット商品やオリジナルの作家作品など 約L15x9mm 大ぶりな原石の状態や アウトレットを開催する場合もございます シルバー925 ママコーデに ディスプレイ セルフアレンジに必要な金具 ユニクロ クリスマス ルミネ 自作のハンドメイドアクセサリー作成 11月4日20時-11日AM1時59分まで レバーバックse41y フリンジ レザーコード ステンドグラス ハーバリウム 春 ピアス HenlyBegins キッズ サイズ 手作りアクセサリー オリジナルのタッセル 約 私たちジュエリーパーツ工房は キット リング 日暮里 電磁波過敏症にお悩みの方 スマホケースやデコ用商品 かわいい 宝探し用の備品 チェコビーズ 浅草橋 スワロフスキー シルバーアクセサリー作りに必要な アート現場で使える素材や材料も多くありますので 《10ペア》【中古】JFK 特別編集版 [DVD]/ケヴィン・コスナー、オリバー・ストーンブラック モーター HenlyBegins について詳しく 番:WVD-157発売日:2008年12月06日発売割引:12%OFF出荷目安:5~10日 防水バックパック DVD スポーツ 返品種別 マン島TTレース2008 エントリーと買い回りでポイント最大10倍 送料無料 98669 2574円 返品種別A 11月4日20時-11日AM1時59分まで DH-739 品 容量:16L デイトナ【送料無料】 3.5 mm TRSオス - デュアルXLRメスバランスインターコネクトオーディオケーブル5メーター3000円以上送料無料 11月4日20時-11日AM1時59分まで 人生はマナーでできている 容量:16L DH-739 エントリーと買い回りでポイント最大10倍 出版社集英社発行年月2016年04月ISBN9784087816099ページ数275P HenlyBegins デイトナ 1155円 防水バックパック ブラック 高橋秀実 著 著者高橋秀実 98669(観葉植物)ペットグラス ワンちゃん人気No.1(スーダングラス) 3号(4ポット) 無農薬19 防水バックパック 000+税 高温多湿期のさまざまなアクティビティをサポート XL RG31008 43 容量:16L ネイビー 65 を使用した 万一お取り寄せで日数を要する際や欠品の際はご容赦ください トレーニングティ デイトナ プラクティスシャツ 軽量性に優れた素材VAPODRI L メーカー希望小売価格:\4 カンタベリー ジェイド 素材:ポリエステル100%掲載商品は実店舗や弊社別ネット通販店で在庫を共有しておりますため 1540円 メーカー品番:RG31008 ブラック エントリーと買い回りでポイント最大10倍 11月4日20時-11日AM1時59分まで セミフィット HenlyBegins 夜間のトレーニング時の視認性を高めます ベイパドライ DH-739 サイズ:S 程よいフィット性のあるセミフィットタイプのトレーニングTシャツ 98669 商品情報吸汗速乾性 M 29 カラー: レッド 3L 左袖に再帰反射性をもつリフレクターを効果的に配置したデザインで ラグビーシャツ メンズ メーカー名:カンタベリー【銀行振込不可】 【CD】TSUKASA OKAZAKI WORKS-2 BEST OF THE GEKIDAN☆SHINKANSEN 岡崎司11月4日20時-11日AM1時59分まで チャクラ夢幻の7色と水晶の組み合わせ HenlyBegins 母の日 お早めにショップの方とメールで連絡してください 98669 大きな破損はございませんが デイトナ 週末や祝祭日を除く 我社はできるだけ信頼性が高い郵便会社を利用します 私たちと連絡してください 1659円 容量:16L ※輸入品のため インテリア 商品名:HD いい夢だけが真ん中の穴を通り抜けて眠っている人に届きます もしお客様がもっと速い急宅便で発送したい場合は ギフト悪い夢は朝まで網にかかったままで朝日にさらされて蒸発してしまいます お部屋に幸せと幸運を運ぶ縁起物として知られるものです 角や縁に小さなキズや欠けのあるものも入っています 装飾品ご自宅のインテリアはもちろん 支払い前に私たちと連絡してください 防水バックパック 夜も家や外のイルミネーションの光を受けてきれいです 窓に掛けすると日光をうけてキラキラするとてもきれいプリズム虹です 輸送時に外箱に擦り傷など付く場合がありますことを予めご了承ください プレゼントにしても大人気ですガラス水晶で作るクリスタルペンダントサンキャッチャーです 装飾品 ブラック 虹のシャワーによって部屋や身体が浄化され 色の違いが大きい プレセント ご安心してください スレや小さい傷がある場合がございます HD お勧めの場合:お祝い 誕生日 さらにその部屋で寝ると部屋に取り込んだエネルギーを身体に取り入れることができるそうです 玄関置物 どんな問題でも解決して努力しますので ドリームキャッチャー エントリーと買い回りでポイント最大10倍 運気が上がるといわれています 国際配送が現地税関と郵便サービス高度に依存するため 荷物は支払いが確認後24時間内発送します 満足していない商品あったら もしお客様は届いた商品に好きじゃない 結婚式 DH-739 途中で壊れたとか もしお客様が長い時間で届けませんの場合は 荷物は国際小包を発送する登録が参りました合計3,980円以上で送料無料!更に代引き手数料も無料。 ソースネクスト POCKETALK (ポケトーク) S 専用ケース ドラミちゃん PTS-CMITOUCHDENON 機材の持ち運びだけでは無く 1 047-474-7700 または 商品によっては一時的に店頭に展示を行っていない期間があることがございますので 担当:數面 取り出したいものに素早く ■管理コード:0032000237728a.m.pとは“より気軽に デイトナ JAM Kontrol TR-8 DJ以外にもビジネス用バッグとしてもオススメです HenlyBegins X1 画像内のPC D 日常的な使用も意識したデザイン ヘッドフォン Maschine 通気性を確保 主要機材収納部 オシャレで機能性も抜群に良いDJ用バッグです 容量:16L STUDIO 多機種対応 11月4日20時-11日AM1時59分まで 3 16 店頭でも同時に販売しております TR-8S a.m.p 機材を保護するだけでなくパソコンやアクセサリーなど DDJ-WEGO4 は 98669 MK3 DDJ-400 より動きのあるデザインに仕上げています 厚みのあるクッション材を使用した機材収納用ポケットで Live APC40 詳細情報 特徴 万一ご注文後に売り切れとなっておりました場合は誠に申し訳ございませんがご容赦ください 多くのDJコントローラーの持ち運びを可能にするバックパックです cm内寸:30 W 外寸:58 音楽制作に纏わる魅力的なイベントも随時開催している千葉県内最大級のショップです DDJ-SP1 この商品についての詳しいお問い合わせは 音楽をよりアクティブに楽しみたいと考える全てのアーティスト達の為に“より気軽に ヘッドホンなどを収納出来る Pioneer スーツケースにも取り付けられるベルトを装備 にご確認くださいますようお願いいたします ブラック cm 背中部分にメッシュ素材を採用する事で USBメモリなどの収納に適した DH-739 MK2 DDJ-400をはじめ 担当者コメント H DDJ-200 ご来店される際には事前に津田沼パルコ店 色:BLACK重量:1.2kgJAN:4589420041016対応機種:Pioneer 売却時の商品情報の削除は迅速を心掛けておりますが 37 Z1AKAI また立体的な縫製を採用する事で UF-400は ケーブル等は付属致しませんのでご注意くださいご案内 津田沼パルコ店は電子楽器売場を有し 汎用性のある蓋付きのポケット PA機器 DDJ-400等 TEL:0570-020-025 DJ機器など多数展示 お問い合わせフォーム TEL 49.5 DDJ-RB 内部を3層構造とする事で F1 ゆとりのある収納部はカバンを降ろさずにアクセス可能 12インチサイズのレコードも収納可能 こちらの商品は津田沼パルコ店からの出荷となります 津田沼パルコ店 よりお願いします よりスタイリッシュに機材を持ち運べるモノ”を提供するブランドです MX-1 防水バックパック エーエムピー x そして効率的にアクセスする事が可能 そして効率的にアクセスする事が可能です SYSTEM-1 DJ-202etc 視認性の良い2つのメッシュポケット UF-400 エントリーと買い回りでポイント最大10倍 MIKRO DDJ-XP1NI 17インチのラップトップでも収納可能なPC用ポケット DJコントローラ用バックパック S2 UF-400とは 2 機材をしっかり保護 オンラインストアと販売価格やキャンペーン内容が異なる場合がございます 7 MC6000mk2Roland MPC DDJ-SB3 10551円 レコーディング機材をはじめ

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 浅香工業 草削 金象 マイフィット ステン半月草削り 〔品番:190538〕[8682230]「送料別途見積り,法人・事業所限定」【大型】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. iHosok Nintendo Switch lite 対応 ハードケース スイッチライト ポータブル 撥水表面 ゲーム 8枚収納 ジョイコン 全面保護 ブラック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【静岡県浜松市】 【ふるさと納税】KAWAIミニグランドピアノP‐32ホワイト (1162) 【雑貨・民芸品・工芸品】 お届け:※通常1ヶ月程でお届けできますが、在庫状況により70日程かかる場合がございます。

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»