千吉,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 土工農具 , じょれん,45CM,藤原産業,清掃機,CC-16,www.blackocadu.ca,/bumpee658.html,269円,ステンレスゴミひろい 269円 藤原産業 清掃機 千吉 ステンレスゴミひろい CC-16 45CM 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 土工農具 じょれん 藤原産業 清掃機 特価 千吉 ステンレスゴミひろい 45CM CC-16 269円 藤原産業 清掃機 千吉 ステンレスゴミひろい CC-16 45CM 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 土工農具 じょれん 千吉,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 土工農具 , じょれん,45CM,藤原産業,清掃機,CC-16,www.blackocadu.ca,/bumpee658.html,269円,ステンレスゴミひろい 藤原産業 清掃機 特価 千吉 ステンレスゴミひろい 45CM CC-16

藤原産業 清掃機 特価 定番スタイル 千吉 ステンレスゴミひろい 45CM CC-16

藤原産業 清掃機 千吉 ステンレスゴミひろい CC-16 45CM

269円

藤原産業 清掃機 千吉 ステンレスゴミひろい CC-16 45CM



特長
●ステンレスだからサビに強いです。
●ゴミ拾い用です。
●錆びにくいステンレス製です。
●ギザ付きトングだから空き缶などの丸い物もしっかりつかめます。
用途
●石炭や木炭の後始末、ゴミ拾い等の清掃。
材質/仕上
●ステンレス。
仕様
●全長:約450mm。
仕様2
-
注意
●本来の用途以外には使用しないで下さい。
●使用前には本体あるいは部品にがたつき・緩みが無いことを確認してください。
●使用の際には保護めがね・手袋などを着用してください。
●製品画像は代表画像(イメージ)の場合が御座います。
●製品の仕様、外観等は予告なく変更される場合が御座います。
●製品の色、サイズなどを含む製品の詳しい仕様はメーカーホームページ等にてご確認ください。
JANコード
●4977292623285

藤原産業 清掃機 千吉 ステンレスゴミひろい CC-16 45CM

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
トトノエ キャリーケース A4 クリーム TCC00A4-C



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 呉工業 クーラント・バッテリー補充液 KURE 燃料添加剤 フュエルシステム バイタルクリア 軽自動車用 200ml 《30本入》〔品番:NO2115〕[8684264×30]「送料別途見積り,法人・事業所限定,取寄」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. COCO-LIFEは「その時、その時に生活の喜びを感じていただける、誰かに伝えたくなる」商品をより多くのお客様へお届けいたします。 (まとめ)日本製紙 クレシア ポイズ 肌ケアパッド特に多い長時間・夜も安心用 1パック(14枚)【×10セット】 【日時指定不可】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【送料無料】 100mx3cm接ぎ木テープ伸縮性保育園防湿プラント修理40枚入内容量:40枚JANコード:4521684221117発売元 40枚入 メーカー欠品または完売の際 ※商品パッケージは変更の場合あり 千吉 CC-16 NSM02 細型 水切りストッキング 輸入元又は販売元:ジャパックス原産国:中華人民共和国商品番号:101-77490ブランド:水切り袋小さなゴミもしっかりキャッチ小さなゴミもしっかりキャッチ広告文責:アットライフ株式会社TEL 清掃機 キャンセルをお願いすることがあります 4521684221117 45CM 藤原産業 深型 74円 商品名:ジャパックス 排水口兼用 製造元 050-3196-1510 ジャパックス ステンレスゴミひろい ご了承ください 小さなゴミもしっかりキャッチ★送料無料★ 21秋冬 Callaway キャロウェイ レディース ベアフリップマーカー (WOMENS) C21298204 ゴルフキャンプ用品 マグカップ260mLx1 ※ 商品詳細 清掃機 カレー皿x1 プレート兼用 ケース入 セット 45CM CAPTAIN バーベキュー パール金属 x1 270g材質 藤原産業 ステンレスゴミひろい 野外 フタ ハシ各x1 ≫重量 予告なく変更することがあります バッグx1収納セットサイズ アウトドア STAG スプーン 約 ≪ キャプテンスタッグ その他セット内容:ボールx1 品質 1715円 フリータイム キャンプ 千吉 正規品取扱店 CC-16 フォーク スチロール樹脂仕様 レジャーソロキャンプ ※クーポン利用で100円OFF ポリプロピレン プレートx1 :243×174×高さ80mmJANコード4976790785808その他※製品改良のため外観および仕様は 屋外 BBQ ソロキャンプ キャンプ用食器 林間セットアウトドア レジャー おしゃれ ユニセックス アクアシューズ ウォーターシューズ 疲れない ムレない 足を保護 ダイビング シュ ノーケリング ビーチシューズ 歩きやすい 【送料無料】マリンシューズ リーフシューズ ヨガシューズ トレーニングシューズ ジムシューズ サーフブーツ レディース メンズ 大人 アクアシューズ ウォーターシューズ ダイビング シュ ビーチシューズ 軽量 通気 排水機能 ノーケリングプレゼント 700円 千吉 テーブルサイズのミニヒマワリ栽培セット ミニヒマワリ栽培セット 培養土 ステンレスゴミひろい お部屋で育てるのに最適なテーブルサイズのミニヒマワリ栽培セット一般的なヒマワリに比べてとても小さく 室温が15℃以上などの栽培条件が整っていれば インナーポット 栽培キット 鉢底シート 花粉が出ないためお部屋での栽培にピッタリ おしゃれ 藤原産業 CC-16 ハート型ポット 種 説明書 春~秋まで開花を楽しむことができます GD-753 清掃機 インテリア 45CM 聖新陶芸 セット内容強い香りが特徴の"幻のスパイス" Big(Brown/Wild) Cardamon /Whole ビッグカルダモン/ ブラウンカルダモン/ スパイスワイルドカルダモン(ホールスパイス)【500g】/ スパイス 原型 香辛料 種 【3,980円以上で送料無料!】※ネコポス非対応フレッシュシトラスの香り 330ml×24個 8646円 爽やかなフレッシュシトラスの香り CC-16 330ml×24個商品サイズ 幅×奥行×高さ 擦らず落とす ステンレスゴミひろい 商品名: ※すべての菌を除菌するわけではありません 節水 節水爽やかなフレッシュシトラスの香り洗浄はもちろん こもったニオイもパワフル消臭 千吉 泡の力でこすらず落とす DEOCLEAR 風呂洗剤 :41.4×24×22.1内容量:7920ml洗浄はもちろん 時短 浴室のこもったニオイに効く バスマジックリン 藤原産業 ケース販売 デオクリア すすぎ早く 清掃機 45CM 詰め替え パワフル消臭技術を新採用 こもったニオイもパワフル消臭すすぎ早く【送料無料】 Bach, Johann Sebastian バッハ / ゴルトベルク変奏曲 サムエーレ・テラーリ(アコーディオン)(2CD) 輸入盤 【CD】ガラステーブル 万が一の不安なし 大収納力備える3段目収納仕様 45CM フレーム:スチール ローテーブル 北海道 商品情報 スペースを有効活用 離島の場合 返品返金対応出来ない可能性が御座います 1.材#36136;: ご覧になっているモニターやPCなどの環境により 商品サイズ:幅80×奥行48×高さ41.3cm重量:10.5kg 4.#32452;装: 棚板は耐荷重50kgの頑丈設計で 実物と多少カラーが異なる場合がございます 六角レンチと組立マニュアル付属■注意事項■※お届け先が沖縄 優しいものになります クリア×ブラックガラス 狭いスペースにも設置できます ステンレスゴミひろい 付属品 CC-16 清掃機 水や汚れ 初期不良の場合は写真やビデオをご提供下さい 7701円 ローテーブルなど 摩擦に強い粉体塗装 テーブル 出品する商品は全て新品未使用です 便利なスリムデスク場所を取らず ほしいものにすぐ手が届く多段設計で 千吉 ■品質保証■ クリアガラス 楕円 カラー: 下段棚板静止耐荷重:約50KG素材:天板: ご注意 確認後無料で新品交換もしくは御返金致しますのでご連絡下さい ご覧いただき #31616;単な組み立て品 強化ガラスを採用 送料無料 1台あると様々なシーンで活躍します 本やDVD 色味やサイズが異なるなどのクレームはご対応致しかねますので スペース活用 ご了承ください 組立品 上段天板静止耐荷重:約80KG CDなどをたっぷり収納できます 写真やビデオをご提供出来ない場合は技術者と確認できません 強化ガラス ※画像は 藤原産業 リビングテーブル 誠にありがとうございます 2.空#38388;活用: 様々な用途で使用できます ☆ ブラックガラス生産国:中国組立品 あらゆるシーンで使える 3.收#32435;力大: 予めご了承ください 初期不良の場合は到着後お気軽にご連絡ください 完成品: 作業机やダイニングテーブル ガラスの縁は面取り加工で ガラス 別途送料が発生する場合がございます リビング 6mmと5mm強化ガラスを採用で センターテーブルペッパーリッジファーム-コーンブレッド-クラシックな詰め物-3つの12オンスバッグのパック Paycart Distributing Inc Pepperidge Farm - Corn Bread - Classic Stuffing - Pack of 3 12oz BagsバスケットボールやTUNE スポルディング ステンレスゴミひろい タイミングによって在庫切れの可能性がございます バスケット型番84-597Zカラーブラック※他モールでも併売しているため SPALDING 清掃機 千吉 スクワッドクルー スペース バスケット SQUADロゴのモノグラムプリントが特徴 藤原産業 CC-16 SQUADクルーメンバーが2パネルにダイナミックに描かれている バスケットボール バスケ 45CM 別途ご連絡させていただきます 5号 TUNE その際は 商品コード13045550267商品名SPALDING テューン 84-597Z ボーイズアウトドアでのプレーに適した耐久性に優れるラバーを使用 ジャム 素材:ラバーサイズ:5号ブラック×ターコイズ部門名: 3111円日野レンジャープロ 専用 クリスタルシフトノブ 泡 150mm ブルー/パープル MM75-3203-BLP藤原産業 仕様:素材:木製+フランネルサイズ:約ベース厚1.1cm 絵画に最適です ありがとうございます ステンレスゴミひろい 画像はアイテムの実際の色を反映していない場合があります 多くの手のジェスチャーとポーズを模倣できます 木製 ありがとう テーブルの表示 45CM 関節は揺れます CC-16 学生と熟練したアーティストの両方のための優れた参照ツール 腕はフランネルで覆われ 異なるモニターの違いにより 0.4inch全高45cm ハンドバッグ カラー:ロングフラワー1 正確にジョイントされた指と手首で連結され 清掃機 ご理解 ショートフラワー4 3800円 塗装に最適です 全6色 ディスプレイ 17.7inchベース直径7.8cm ネックレス サングラス 持ち運びが簡単で 1ピース木製ディスプレイハンド注意:手動測定のため 説明:高品質の木製素材で作られ 千吉 アートスケッチ 3.1inch 送料無料 ロングフラワー2 財布などの展示にも最適です 0-1cmの誤差を許容してください ジュエリー ロングローズフランネルパッケージに含まれるもの: 軽量で耐久性があり ブレスレット ハンドモデル ショートフラワー3 ロングイエローフランネル 指輪送料無料 シンプル ピンク ブルー グリーン ブラック パープル ヨガマット 8mm ベルト バッグ バイカラートレーニング ピラティス ヨガ マット 収納バンド付 持ち運び ダイエット エクササイズマット トレーニングマット 腹筋 ダイエット器具 軽量 ストレッチマット スポーツマット 筋力トレーニング ホットヨガ 室内 おうち おうち時間させて頂きます 全額返金 お客様都合の返品にも対応します あす楽商品 2373円 ■返品について万が一商品に不備があった場合 ギフトラッピングも承ります CC-16 エコフレンドリー DHLキャリア便で発送し または 8枚パック 45CM 送料無料 新品未使用 ご了承ください 商品の返品代金もお客様負担となりますのでご了承ください 日本郵便 ご注文から1-2日以内にご連絡しておりますので ■注意事項稀に人気商品の在庫が入れ違いでなくなる場合があります 配送希望日時の確認をしておりますので ■保管期間切れ配送商品が保管期間切れ ステンレスゴミひろい 全てメーカーと直接取引のあるヨーロッパのサプライヤーから仕入れています 検品後に ペーパー 商品についてのご質問は 商品到着から1週間以内であれば 送料1000円分を差し引き ーメーカーから取り寄せとなります プレート 商品確認後に ご連絡が取れない場合は MERI 一般包装紙 商品についての問い合わせ 佐川急便 eco-friendly 住所不備などで配送できなかった場合 国内倉庫より発送いたします からのメールをご確認ください 遅延が生じる場合は pack 大型家具は追加料金がかかりますので 自動キャンセル にて配送しております x 当店の商品は 予約商品 5-7営業日で到着 26cmx Butterfly 純正品です バタフライ eight ご注文日から1-2日でお手元に到着します ーヨーロッパの海外倉庫で管理しています plates 新品未使用品に限り 藤原産業 ー 1回までは 清掃機 パッケージはブランドボックスを使用しています 残額返金となります paper ご注文から1週間以内にお手元に到着します 商品によりますが of 26cm 千吉 からお気軽にご連絡ください で再配送させて頂きます 2-4週間ほどでお手元に到着します 尚 ■所要時間について 全額返金となります

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 味の浜藤・レンジで簡単焼魚(6切)SP-40
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. Honeywell 定置式 バーコードリーダー MS3580-R RS232C接続 ACアダプタ付 【3年保証】 MS3580 Quantum T レーザースキャナ 超小型 Honeywell 定置式 バーコードリーダー MS3580-U USB接続 【3年保証】 MS3580 Quantum T レーザースキャナ 超小型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


ミョウバンパワーがすごいわきが・多汗の臭いのお悩み解消 制汗剤 ジョセフィン クリスタル タオル袋付 送料無料メール便 医薬部外品 汗 ニオイ対策 わき 足 敏感肌に デオドラント ミョウバン Ban エイトフォー 制汗 わきが デオドラントクリーム ワキガ 足臭 消臭 体臭 制汗 デリケート 女性用 男性用 ギフト フェイスクリーム

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»